このエントリーをはてなブックマークに追加
Google+
Facebook

お知らせ

2017.11.08

『経営学序論』第4回目、ビジネス・ゲーム1(第1期)を開催しました

 『経営学序論』第4回目は、ビジネス・ゲーム1(第1期)を開催しました。

今回は1社のみの組成(A社)ですが、昨年度、優秀な実績を残したチームを想定しての戦いとなりました。

 結果はA社の圧勝になりました。売上15百万円、粗利10百万円(原材料費のみ)、営業利益5百万円と過去最高の実績を計上しました(拍手)。

好業績の要因は、高級品(製造工程が複雑)を分業することにより、生産性を上げた チームワーク 優秀な職人(技術者)の存在 ④役員がそれぞれの役割を十分に果たした 無駄の排除などなど。

 ゲーム終了後も全員残って、実績の反省と翌期の戦略・方針について打ち合わせを行っていたことが印象に残りました。

A社が示してくれたことは、本ゲームの新たな戦い方(戦略)です。可能性が拡がり、来期(第5回目)が楽しみです。