このエントリーをはてなブックマークに追加
Google+
Facebook

お知らせ

2018.04.13

4/11(水)「地域中小企業講座」第1回目を開催しました。

 『地域中小企業講座』を通し「自分たちはどう生きるか」を考える。

 ・「自分の社会に於ける存在意義ももてるのではないかと思いました。」

・「自分はどのように生きて行きたいか考えました。」

・「自分から行動するのがとても大切だと改めて感じました今出来ることを一生懸命にやりたい。」

・「高い志を持って仕事をすることが出来たら理想の自分が見えるようになる。」

・「社長の話に感動しました。今からできることもたくさん教えてくださいました。これらのことがしっかりと出来たら将来、理想の自分に近づけると思います。」

(受講生のレポートから)

企業の経営者は未来志向です。自社の未来図をどう描くかにより社運は決まります。

そういった意味では個人も同じですよね、よほどの奇跡が起きない限り、自分の未来図をどう描き行動するかで決まります。

経営者の語りで受講生が「社会の中での自分たちの存在意義とは何か、僕達はどう生きるのか、今をどのように行動すべきか」などをも考える機会になっていると確認できました。

 

さて、第1回目をエフォート行政書士事務所代表の中島巧次氏にご登壇いただきました。
中島氏は知的資産経営のエキスパートです。企業の見えない魅力や強みを積極的に発掘し、企業経営の改善に活かす取組をされているコンサルタントです。

『地域中小企業講座』にご登壇される企業様を受講生がより良く理解するための道具を教授いただきました。「知的資産経営」の手法で、財務諸表には表れない企業の魅力、強みを発掘する手法、思考法など分かりやすい説明でした。これからの14回の講義から受講生が、何をどう引き出し発見するのか楽しみです。