このエントリーをはてなブックマークに追加
Google+
Facebook

お知らせ

2018.05.24

5/23(水)第7回「地域中小企業講座」を開催しました

 『地域中小企業講座』第7回目は、5月23日(水)株式会社しがぎん経済文化センター主席研究員の志賀文昭様にご登壇いただき、滋賀県経済や産業構造、今後成長が期待される産業についての話がありました。

第6回目までは企業の経営者に話を伺いました。主には事業内容であり、経営戦略、ビジョンなどの話が主でしたが、今回は、企業を取り巻く環境がどのようになっているのか、理解するための重要な講義です。当然、グローバル化している経済においては、地域や国内のみならず、世界経済の動きも重要であることに異論はありません。

 

講義はまず、県内経済の現状を10項目についてクイズ形式で行われました。

 滋賀県は「若く活力のある県」であり、消費の拡大や情報通信関連の「新商品にも敏感」、消費を支える「貯蓄志向の高い県民性」、産業構造も「工業県」など、経済的なポテンシャルは高いということが理解できました。

 次に、滋賀県経済の今後の成長分野では環境や医療、バイオ、農業、観光など、事例を挙げて説明をいただきました。

ただし、これだけの経済的なポテンシャルがあるなか、起業率は低迷しているという話には課題も見えてきました。