このエントリーをはてなブックマークに追加
Google+
Facebook

お知らせ

2018.09.27

9/25(火)第3回ポストCOC+のあり方検討会議を開催しました

 9月25日(火)、「滋賀県庁大津合同庁舎6E会議室(大津市)」で、第3回ポストCOC+のあり方検討会議を開催しました。

 最初に、第2回会議(7/30)の議論を振り返ったうえで、ポストCOC+のストーリー(筋書き)と、6大学で共同して取り組んでいる8事業の方向性を確認しました。このうち、事業の方向性については、「各大学の実情に応じた形での継続」という点で、ほぼ一致しました。

 次に、COC+事業を継続する場合にどのような条件を整備すればいいかについて、まず、滋賀県立大学の考え方を説明しました。その後、参加5大学の出席メンバーがそれぞれの考え方を示して、互いに情報共有するとともに、予算措置や人材配置を含めた突っ込んだ意見交換を行いました。

 以上の議論を通じて、ポストCOC+のあり方のとりまとめのイメージがさらに固まったように感じます。

 今後、年度内にあと2回程度会議を開催し、その結果をとりまとめて、来年3月の近江地域共育委員会総会に報告する予定です。