このエントリーをはてなブックマークに追加
Google+
Facebook

お知らせ

2018.11.20

11/17(土)びわ湖大津プリンスホテルで滋賀県主催『しがニュービジネスプランコンテスト2018』決勝大会が開催されました

 滋賀県主催『しがニュービジネスプランコンテスト2018』決勝大会において「びわこ成蹊スポーツ大学」の上崎さんがチャレンジ賞を受賞されました。

 

 11月17日(土)びわ湖大津プリンスホテルで開催された本コンテストには、滋賀中央信用金庫主催『アイデアコンテスト2018』で受賞した4チームの内、予選を勝ち抜いた3チームが進みました。

 受賞した上崎さんのプランは「ドッグスポーツを活用した健康寿命延伸P」という、上崎さんの殺処分される犬を救いたいとの思いと、大学にある知を使い、顧客ごとの健康メニューを作成し、訓練された犬を譲渡、あるいはレンタルにより貸出し、犬と散歩することで健康寿命の延伸を実現するサービスの提供といった、きわめてシンプルで解りやすく、実現可能性も高いと支持を受けました。

その他、びわこ学院大学の岩崎さんのプレゼンは全体の中でもトップクラスの評価であったし、県立大学の鈴木さん、黒瀬さんのプランも県内のSDGsの実践プランとして高い評価を得ました。

本年度の試みとして、滋賀県のご協力を得て、滋賀中央信用金庫主催の「アイデアコンテスト」入賞者(1~5位)は次のステップとして『しがニュービジネスプランコンテスト』へのエントリー権を有する特別推薦枠を設置していただきました。

これからも、アイデアコンテストから多くの学生が、当該コンテストでプレゼンの機会を得られるように、事務局としてしっかり準備していきたい。