このエントリーをはてなブックマークに追加
Google+
Facebook

お知らせ

2018.12.06

11/29(木)第4回ポストCOC+のあり方検討会議を開催しました

 1129日(木)、環びわ湖大学・地域コンソーシアム・セミナー室(大津市)で、第4回ポストCOC+のあり方検討会議を開催しました。

 最初に、第3回会議(9/25)の議論を振り返った後、6大学で共同して取り組んでいる8事業の方向性(継続・拡大・縮小・廃止等)について、各大学の見解を踏まえた事務局案を基に議論しました。ここでは、個々の事業について、概ね共通認識できる方向性を示すとともに、各大学の実情(特性)を併記する形でとりまとめることを確認しました。

 次に、中間とりまとめの素案(事務局案)について活発な意見交換を行いました。ここでは、ポストCOC+のコンセプトを「地元志向教育の充実」と「キャリアの選択肢を広げること」とすることを確認しました。大きなポイントとなるCOC+の枠組みをどうするか、また、ポストCOC+の運営体制をどうするかについては、8つの共同事業を移行させることが可能な既存の「受け皿」を見極めつつ、関係者が合意でき、かつ実現可能な案の提示に向けて、さらに検討を継続することとなりました。

 今後、来年1月にあと1回会議を開催し、その結果をとりまとめて、来年3月の近江地域共育委員会総会に中間とりまとめ(案)を報告する予定です。