このエントリーをはてなブックマークに追加
Google+
Facebook

お知らせ

2019.10.02

『MBA入門~ビジネスゲームで学ぶ経営~(旧経営学序論)』を開講しました

『MBA入門~ビジネスゲームで学ぶ経営~(旧経営学序論)』.を開講しました。

 今年度COC+事業としては最終年度を迎えますが、3年前の開講以来、受講生は伸び続け、今年度は最多となりました。
ビジネスゲームも初年度2社から翌年は1社、昨年は4社、今年は6社で実施することになります。コンテストとしては面白くなりそうですが、ゲームのマネジメントも複雑になりそうで、軽量化と生産性アップの必要性を実感しています。

 そもそも『MBA入門(旧経営学序論)』の目的は、学生に経営に対する興味を持ってもらい、企業分析のスキルを磨き、学生が自分の将来を託す企業を自分の力で見出すことを目標としてスタートさせました。受身で就職するのではなく、スキルを持った学生が地元企業を選択し、活躍してくれれば、学生にとっても企業にとっても、地域の活性化にとっても、これ以上理想的なことはない。このことはCOC+事業の目的である「地方創生」にも合致しています。

 本講座は最初にビジネスゲームやケースメソッドを経験して、理解できなかった点や不明点などをレポートや座学で補完するという形をとっています。当然、経営学を網羅することなど出来ないが、経営学のエッセンスを学ぶには十分な内容だと思われます。

 その他、経済学の基本的な知識や現在起きている金融・経済・社会・グローバルの動きも題材に学生と意見交換の場を持ちたいと思います。


 今回は講座のガイダンスも兼ね、講座の狙いや目的にも触れ、講義への積極的参加を呼びかけました。

 最後に、ビジネスゲームの簡易版に挑戦してみました。簡易版と言っても内容は本格的です。提示されている情報は市場の需要予測と各商品の収益構造、経済ニュースから流れる環境の変化を読みとって、他社の打ち手を読み解き自社の戦略に基づく売上販売計画を立てるもの、結果は次回のお楽しみ。